So-net無料ブログ作成
- | 2013年01月 |2013年02月 ブログトップ

八幡カオル 峯岸

八幡カオルも峯岸みなみも丸刈り!


AKB48の主力メンバー、峯岸みなみちゃんが
週刊誌に熱愛報道に関する記事が
掲載されることを受けて、
責任を取り、自ら「丸刈り」にしました。





帰宅し、PCを見てびっくり。
丸刈り? マジか!?
アイドルやぞ!


私も、中学、高校と野球部でしたので
6年間「丸刈り」経験者です。

その私から見て、公式動画に映る
峯岸みなみちゃんの「丸刈り」は、
自分で又は、周囲の人間がバリカンで
乱暴に刈った丸刈りにみえました。


それにしても、AKB48の恋愛禁止問題。
容赦ないッスね。

メンバーが自分達で課したルールらしいですが
今回の「丸刈り」は、かなりの衝撃でした。
しかも、「丸刈り」だけでなく「研究生」に降格処分。

指原の時も、左遷されキビシーな、と思っていましたが
今回は、度を越えているような印象を受けます。
軍隊じゃないんだから。

ここまでやってしまうと、今後、恋愛発覚したメンバーは
今回を越える「反省」をみせなければならなくなりました。
峯岸みなみちゃんの「丸刈り」は
そういう意味で、メンバー達に
とてつもないハードルを上げてしまいました。


笑ったのが、八幡カオル。
AKB48公認のモノマネ芸人なんですが
この八幡カオルさん。

偶然、3ヶ月ほど前から「丸刈り」にしていたんですね。

で、今回の峯岸みなみの「丸刈り」。
八幡カオルに言わせると

「峯岸みなみにモノマネされた。」

と、なります。
ははは。

美文字 かたつむり 書き順

「美文字 かたつむり」の書き順は
まず、かたつむりの体の中心からぐるぐる始めて
次に頭、その次にツノ、そして最後にツノ先という順番です。


「美文字」「汚文字」のコーナーって見たことあります?

そのコーナーで紹介されていた
「汚文字」の人を「美文字」に変身させる方法が
「かたつむり」の絵を描くことです。

それが通称「美文字 かたつむり」。


美文字の先生・中塚先生によると
この「かたつむり」の絵を書くことによって
曲線をなめらかに書くことを身に付けられるとのこと。

ある程度の画数がある漢字は
バランスが取りやすく、けっこうそれなりに見えるものです。


でも画数が少ない漢字は、きれいに見せることが
以外に難しいものです。

ですから、意外と「ひらがな」をきれいに書くことは
簡単ではないのです。


逆に言えば、ひらがながきれいに書いてあれば
漢字はある程度下手でも
全体としては、上手く見えるんじゃないでしょうか。


と、偉そうに言っている私も完全に「汚文字」です。
字が汚くていいことは、これまでひとつもありませんでした。

字がきれいだと、何か賢そうに見えません?
字がきれいだと、デキる人だと思われやすいですよね?

字がきれいだと、困ることは何もないです。


と、分かってはいても
今さら、練習してまで直したいとは思いませんけどね。
ははは。

明光義塾 だるま先生

明光義塾のキャラクター「だるま先生」と乙武先生が似てる
と発言した天才子役・はるかぜちゃんに
批判が集まっています。

しかし、この批判に対して、
はるかぜちゃんの側に立って真っ先に発言したのは
乙武先生本人でした。


乙武先生曰く、元々「だるま先生」と乙武が似ていると
言い始めたのは自分で、
はるかぜちゃんとは、年齢は離れていますが
友人として親しい間柄。

そのはるかぜちゃんが、自分に対して
言った言葉であって、これは決して四肢がない人を
差別して言った言葉ではない、とのこと。


つまり当人同士で、納得済みの他愛もない発言ということです。

それが、はるかぜちゃんのこれまでの
大人を言い負かすほどの話しぶりが
悪いほうに影響して、差別発言ととられてしまったようですね。


今回の発言を懸命に説明しても、どんどん騒ぎが大きくなってしまった
はるかぜちゃんを想い、乙武先生はさらに深く批判に対して踏み込んだ
発言をしています。


~~~~~~~~~~~~~~~
「背が高いですね」は、一般的にはほめ言葉。
でも、もし背が高いことを気にしている人に「背が高いですね」と言えば、
その人を傷つけることになる。
つまり、「だるま」という言葉が、「背が高い」という言葉が、
だれに向けられたものであるかを考えることが重要だと思うのだ。

今回の騒ぎは、「障害者」を「障がい者」を表記する流れと良く似ている。
「害」という字は、障害者が不快に思うのではないか――障害者がすべて同じ心境であると
「一括りにした」「先回りの」配慮。
それは僕からすると「臭いものにはフタ」と受け取れなくもない。
正直、そうした思考を不快に思う。

先回りの配慮をありがたく思う障害者もいれば、
そうした配慮を不快に思う僕のような障害者もいる。
少しでも相手を傷つける可能性のある言葉を見つけて、
鬼の首を取ったように「不謹慎だ」と正義の味方を気取る人々の姿は、とても滑稽だ。
ならば、「背が高い」も二度と使えない言葉になってしまう。

「思考停止にもとづく安易な批判こそが、だれかを傷つけていることもある」ということ。
心の隅に留めていただければ。
~~~~~~~~~~~~~~~


批判をする側も、深く考える必要がありますね。

でも、さすが乙武先生。
明るい人柄は健在で、最後は

おい、「だるま」がHOTワードになってるぞ!不謹慎だ(笑)!!

で締めくくっています。

樽美酒研二 彼女

樽美酒研二に彼女がいるとか
いないとか・・・。
ウワサになるほど、ゴールデンボンバーに人気が集まっていますね。


ちょっと前も、ある番組で女性出演者が
ゴールデンボンバーと共演しました。

その彼女が、自身のブログで
ゴールデンボンバーの樽美酒研二と楽屋で
話したことが、一部の女性ファンの逆鱗に触れてしまい
その彼女のブログが炎上する事態になってしまったことがあります。


いくら人気があるとはいえ、‘エアバンド’。
しかも、あのメイクですから女性共演者も
バラエティのノリで樽美酒研二のことを
上から目線の記事をアップしました。

アラフォーオヤジの私からみれば
大したことではないように思いましたが
熱狂的なファンが過剰に反応。

今や、ゴールデンボンバーは
アイドル並みの扱いになっているようです。

ちなみに、年末年始
仕事に忙殺されていた私は
年明けにラジオで
「年末は大活躍でしたね。ゴールデンボンバー。」
と紹介されていたのを聞いて家族に

「ゴールデンボンバーって、何?」
と聞いて、引かれてしまいましたけどね。

ええ、もちろん
この記事の前半のエピソードも
ぜ~んぶ、教えてもらったことです。

ゴールデンボンバー=金爆
これは、一昨日知りました。
ハハハ。

- |2013年01月 |2013年02月 ブログトップ
くわばたりえダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。