So-net無料ブログ作成
検索選択

オサート デメリット

スポンサーリンク




巷で話題の「オサート」、そのデメリットは?

従来のコンタクトとは逆で、寝ている間に装着することで
視力が回復するコンタクトです。

寝ているときに装着するだけで、視力が回復する

まるで魔法のような「オサート」ですが
一般には、それほど馴染みがありません。

これまでは、視力回復といえばレーシック手術が
知られていますが、常人であれば誰でも
眼球にメスを入れることには、少なからず抵抗があります。

また、これはどんな手術にでも言えることですが
執刀医の力量が手術成功の大きな要因のひとつです。
つまり、医師の腕次第ということです。

また、再発の可能性もあり
実際に私の知り合いも、レーシック手術を受けて
一時的に視力が回復しましたが
再び視力が低下したので、再手術を受けていました。


一方、「オサート」は特殊な形状のコンタクトを装着することによって
角膜の形状を変えます。
これにより、あたかもズレていたピントが合うように
視力が劇的に回復します。

では、「オサート」のデメリットとは何でしょうか?
まず、寝ているときに装着することで効果を発揮するということは
一定の睡眠時間を確保する必要があるということです。

そして、費用が高いということです。
「オサート」は完全オーダーメイドです。
そのため、レンズ代だけで30万円以上かかります。

さらに、段階的に作り変えていく必要があるので
その度に数万円、通院も必要で現段階では
保険適用外のため、診察代は自己負担。

また、視力回復後も寝ているときは装着が必要で
3年毎に、調整のためレンズを作り変える必要があり
毎回10万円程度かかります。
ざっと合計してみても、50万円では足りない計算になります。

その上、現在はまだそれほど普及していないため
実施できる医院が少なく、通院が大変かもしれません。


まあ、費用に関してはこの金額を高いと感じるかどうかは
個人の受け取り方によります・・・。
だって・・・、

0.01や0.02の視力がほんの2ヶ月足らずで
1.0や1.5に回復したところを目の当たりにすると
この金額を安いと感じる人もいるかもしれません。

事実、プロスポーツ選手やオリンピックに出場しているような
有名スポーツ選手が何人も実践し、劇的に視力を回復させています。

でも、「オサート」が広く一般に普及したら
眼鏡屋さんとコンタクト専門店はどうなるのでしょう。
まあ、あえてメガネやコンタクトという人も必ず出てきますので
案外、共存できるかもね。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
くわばたりえダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。